足腰を痛めた時に負担軽減の為に選ぶ歩行補助アイテム

日々の疲弊感や負担の蓄積に よって身体全体に重苦しさが
圧し掛かってしまったり、身体全体の疲弊感を通り越して

日々の負担が足腰に集約されてしまい、強い痛みと なって
足腰関節に現れると 日常生活が非常に不便な物へと

変貌を遂げてしまいます。


足腰と言うのは身体の中心~下側に位置しますから、体重や
上体の捻り・反りなどの ちょっとした動作時の負担も

受け止めたり、歩行時の衝撃・振動を常に受け続けて居る訳
ですから、身体の中で1番頑丈で なければならない部位です。


しかし、どんなに頑丈で強い部位で あっても『経年劣化』や
細かい傷の蓄積に よってジワジワと傷みと言う物が生じて

しまいます。


肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋


機械のメンテナンスの様に壊れたり、古くなったパーツを
部品ごとに交換出来れば良いのですが、肉体の場合は

そうも行きません。


激しく痛めたり、その部位が壊れたりしたら手術をしても
完全に元通り、と なるとは限りませんし、手術をする手前の

状態の時にはブロック注射を打ったりして保存療法で毎日の
負担を軽減させながら、どうにか騙し騙し生きて行くしか

ありません。


神経根ブロックと硬膜外ブロックとトリガーポイントの
痛みの違い



人体の場合は 今日の痛みが病院に行ったとしても明日には
完全に治っていると言う事は無いでしょうから、毎日の

過ごし方が とても大事に なって来ます。


足腰に痛みを感じた時に何もケアせずに そのまま過ごして
居ると、状態の悪化に拍車を掛けてしまうだけなので

足腰を日々の負担から守る為に、歩行補助アイテムと言う
物を活用したいところです。


【安定感抜群の多点杖を使う事で歩行時の足腰への負担を軽減する↓↓】



歩行補助を効率的に する為には、杖と関節サポーターを併用
して、歩行時に足腰に掛かる負担を軽減したり、あるいは

それでも足腰の痛みが強くなり続けてしまっている。


と言う場合には車椅子を日常に取り入れて、杖と関節サポーターの
併用以上に足腰への負担を軽減する車椅子と言う手段を選んだ方が

良いと思います。


自走式車椅子を日常に取り入れた時/乗り易さ・漕ぎ易さ・
進み易さ



歩行に拘り続けると、どうしても日々足腰に負担が溜まり続けて
しまうので 足腰の状態を鑑みて その都度 状態に合った適切な

対策方法を選択しましょう。


日々の足腰への負担軽減の為に こうした移動時の対策方法を考えて
実践する事は非常に大切ですが、それらは あくまで『負担軽減』の

方法なので、出来れば そうした対策に加えてアフターケアとして
マッサージや温熱療法などを行い、筋肉の緊張状態や疲弊感を

解して和らげる処置などを行うと、尚 効果的です。



疲れた身体でマッサージを行う気力が湧かないと言う時にはマッサージ
パッドやマッサージチェアと言ったものが1台あると、自身は

リラックスした状態で楽に身体を解せるので、そうしたアイテムを
取り入れてみるのも効果的です。


【コンパクトサイズのマッサージチェアで背中や足腰の
負担を楽に解す↓↓】


この記事へのコメント