腰の痛みの原因と対策と車椅子/日常の中で負担を小さく留めるには?

日常生活の中で足腰に痛みを抱える事になる要因は幾つも
ありますが、その中の1つとして身体の疲弊と言う物が

有ると思います。



私の場合も、疲弊感が蓄積し続け、やがて それが元で足底
筋膜炎と言う足底の筋膜が炎症を起こす非常に厄介な

症状を発症し、普通の重心バランスでは痛くて歩け無くなった
事から、別の箇所に負担が移動する様に重心を傾けつつ


日々を過ごす様に なって、足底から足首へ、足首から膝へ、
そして膝から股関節、股関節から腰へ。と言う様な流れで


いつしか足腰が全体的に強い痛みを抱える様に なって、
いよいよ『歩行困難』と言う状態になって車椅子生活に

なってしまいました。

肩関節と同じくらい痛め易い腰椎・脊柱起立筋




私の例の様に、誰しもが足腰全体的に痛めてしまう訳では
無いでしょうが、身体の疲弊感と言う物は放っておくと


ここまでの事態にまで陥ってしまう事もある。と言う1例と
して私のケースに ついて綴りました。

日々の疲弊から生じる足腰の痛み/
腰を緩める意識とは?


勿論、痛みの原因は これだけで無く、骨の変形や髄核が
飛び出して神経に触れる事で痛みが生じたり、


外部からの衝撃を受けて打撲で痛む場合も あるでしょう。


いずれの場合も足腰の痛みに対しては、細心の注意を払い
日々ケアをしながら少しづつ痛みを和らげていく。


と言う意識が無いと日々の生活が よりツラい物へと変貌を
遂げてしまいます。

腰痛が激しい時は お風呂に入るのもツラい


足腰と言うのは身体の中間よりも下に位置する為、必然的に
体重や重心の細めな変化を日々受け止め続けてしまうので

どうしても上半身に比べて負担が掛かり易いのです。


痛みが悪化して歩行困難になる前に少しでも痛みを感じたら
早いっ段階で整形外科を受診するかペインクリニックに

行くのが その時点での最善の選択になると思います。

足腰が痛む時は早めに良い整形外科を探す事が
大事/逆に言えば・・


しかし、言って直ぐに痛みが治まったり、完治する訳では
無いので 日々のケアや足腰への負担軽減対策を考える事が

重要に なります。


関節サポーターや杖を使用して、直接的に足腰への負担を
小さく留める、と言う事も有効ですが、


しかし、それだけでは充分では ありません。


結局 負担が少しづつ足腰に溜まってしまうので、その後の
ケアが非常に重要に なるのです。


私の場合、このケアを上手く行えていない為に 歩行困難に
なり、車椅子無くしては日常生活を送れなくなりました。


なので、ケアを重視して日々を送りたいのですが、ケアを
行う上で大切に したいのは筋肉の緊張を解し、血流を促す、

と言う事です。

疲れを取る為に足腰を伸ばして解す/簡単ストレッチ

筋肉が酷使される事で身体全体が疲弊し、疲弊した筋肉
内部では血管が圧迫され、血液の流れが鈍ってしまい、


血液を送り出す機能と乳酸・老廃物を吸い上げる機能が
同時に鈍り、筋肉内に乳酸・老廃物が蓄積して

やがて炎症を起こしてしまいます。



なので、これを防ぐ為には マッサージを行ったり、温熱
療法で筋肉をジワジワと温めて 細くなっている血管を


広げて血液の流れを正常に戻す事が大事になります。


勿論、そうしたケアを施して居ても、痛みで日常が
ツラい時には 車椅子を使用して足腰を負担から守る事も

大切です。

歩けない程に足腰の痛みが強くなった時の
残された選択肢とは?



この記事へのコメント