吐き気が強い時に乗る車椅子は地獄の苦しみ

今日は朝に目を覚ました瞬間から冷えを感じて
ビックリしました。




私は気候の変化に毎度の事ながら ついて行けないので
あっさりと風邪を引いてしまうのですが、



風邪を引いた時と言うのは、鼻水も止まらなくなりますし、
咳もゴホゴホ止まらなくなってしまいます。




咳や鼻水が止まらない時は大人しく1日中 布団の中で
寝て過ごせば良いのですが、やはり少しでも



速く身体を回復させたいのならば、食事も欠かせない
要素だな、と思い 食事を食べようとしたら




殆ど食料が無かったので、体調が悪いから一瞬
迷いましたが 食事を買いに行く決断をしました。




しかし、咳がゴホゴホなっていると 当然ながら
呼吸も苦しい状態が続き、その状態で車椅子に乗ると




ひと漕ぎ ひと漕ぎ ハンドリムを漕ぐ度に胴部(臓器)が
圧迫され、非常に強い吐き気に襲われながらハンドリムを



漕ぎ続ける事に なってしまいます。





胴部(臓器)を圧迫されるほど腕を大きく動かす訳では
無いですし、かと言って上半身を後傾にしたり



前傾にしたり、前後に動かす訳でも無いのですが、
それでも体調が優れない状態の時と言うのは




非常に繊細に なって居るので、腕だけの上下運動でも
臓器が圧迫されて、吐き気を感じてしまうのです。





こう言う時には ちょっとした匂いにすら敏感に なって
しまう物で、通りすがりの人の香水の匂いや




タバコの臭いを嗅いだら、一瞬で堪えていた吐き気が
爆発しそうになります。




特に、煙草の場合は煙草を握っている手と車椅子に
乗っている顔の位置が見事に合致してしまう為、




煙がダイレクトに顔に掛かり、吐き気を抑えるのに
全力を尽くさなければなりません。




しかも、香水にしても同じですが、同じ進行方向を
進んでいる場合、これまでにも何度か書いて来ましたが



車椅子は2足歩行の人の3分の1~4分の1のぺースでしか
進めない為、ずっと前方に香水やタバコの臭いが



漂い続けます。



途中で曲がり角でも無いと、ずっと呼吸を止め続けるか、
嘔吐きに堪え続けるしか無いので、どちらにしても



その曲がり角の無い直線上は地獄の苦しみと なります。



しかも そうやって堪えながら、少しでも早く地獄から
抜け出そうと、腕を動かし続けて居るのですから




直線上を通過し終えても、吐き気が尾を引きます。笑




こうした事が あるので、少しでも気温差が生じて
体調を崩す恐れが ありそうな時は事前に食料を



購入して置いて、体調が優れない日に出掛ける
必要が無い様に備えておく事が大事ですね。



そうして用意して置いて、体調が悪い時は
自身の身体の痛み以外にも



堪えなければなら無い事が多い為、やはり
布団の中で大人しくしておいた方が良いですね。



車椅子(車いす) 松永製作所製CM-220【メーカー正規保証付き/条件付き送料無料】

この記事へのコメント