雨の翌日、車椅子の雨避けシートを外したら中で広がっている光景

前回はスーパーの中で陳列棚が密集している所の商品を取りに
行く時は、前後の人の流れを しっかりと確認してからで無いと、

自分が車椅子を漕いで ようやく商品を手にした頃には人が多く
なっている、と言う事が良くあるので、そうした時には


右にも左にも前後にも身動きが取れなくなってしまう、爆弾を
前後左右に置かれて 嵌められた時のボンバーマン状態に

なってしまうので、必ず ほんの数メートルの移動でも前後の
確認は大切、と言う事に ついて綴りました。


前回のブログ→スーパーで八方塞がりに なりがちな
車椅子乗りのブログ



今回は日常で車椅子に乗る、と言う前段階の事に ついて書いて
行きたいと思います。


家の外に車椅子を止めておく為に雨避けシートを被せて車椅子を劣化から守る

アパート暮らしの場合、室内までは車椅子で入る事が難しいので、
私の場合 家のすぐ外に止めておいて、車椅子には雨避けシートを

被せて車椅子の座面や背もたれ部分が濡れてしまうのを防ぎつつ、
フレーム部分の錆による劣化を避けているのですが、雨の予報が


あっても無くてもここ最近は天候が崩れ易いですし、少し先には
梅雨に突入するので、いつ雨がパラパラと降り出すか分からない

日々が続くと思うので、毎日雨避けシートを被せているのですが、
夜の間に入り込んでいるのか、翌日にシートを外すと、


小さな虫が毎回2~3匹は車椅子のシート部分や肘掛けの辺りに
居たりします。


【ノーパンクタイヤの24インチ自走式車椅子で移動時に
生じる足腰への負担を楽にする↓↓】





外に車椅子を置いている時に有効な雨避けシートに
ついて軽く触れた時のブログ↓↓


7日間のファスティング2日目/特に体調に変化なし/
車椅子操作も問題なし



私の場合、虫が苦手なので小さなバッタが車椅子の座面に居た時は
叫び声を上げそうに なりました。笑


バッタは生きて居たので、シートを避けて陽の光を浴びた途端、
車椅子から逃げて行ってくれましたが、何故かシートを外した時に

いる小さな虫の ほとんどは お亡くなりになって居る事が
多いのです。

雨上がりに雨避けシートを外したら車椅子の上で虫が死んでいる事が良くある


座面や背もたれ部分のクッションの上で既に固まって居て、生命の
尽きた虫の亡骸が横たわっている事が毎回の様に あるので、虫って


暗い所に入って命を終えるのを待つ習性でも あるのかな?と思って
しまう程です。


(もしかしたら、一番汗を吸っているで あろう背もたれ部分の
汗染みから発されるフェロモンが あるのかも。と思った

きっかけのブログ↓↓)


車椅子で移動していると、どうしても
背中が擦れてしまうよね~、と言う お話し



勿論、私は虫が怖くて 触れ無いのでクッションや杖の柄などで払い
除けるのですが、その後に車椅子に乗って移動している時にも

何で毎回の様に虫が忍び込んでいて、しかも命が尽きているのだろう?
と疑問に感じながらハンドリムを漕ぐ事のが毎回の お馴染みの流れに

なっています。(^_^;)


雨の日の車椅子/大変な点/ネット通販グッズで解決


多分、家の周りに軽く草が生い茂っているから虫がシートの中に侵入
しやすい、と言うのも あるかとは思うのですが、蚊なども時々

混ざって居るので、虫を寄せ付ける匂いがシートから漂って居るのか?
もしくは先ほど書いた様に、シートの中が暗いから、虫が好んで

入り込んでしまうのか?


調べてる間に虫の画像も沢山 出て来るでしょうから、虫の習性に ついて
調べる気は ありませんので、少し気になっては居ても 謎は永遠に

謎のままです笑


【車椅子を雨から守る雨避けシートは こちら↓↓】



この記事へのコメント