車椅子で勾配に上る時の注意点と前輪の向き・角度

今日は晴れているけれど結構 空気が冷んやりとしていて涼しく
過ごし易い気候の様ですね。


今回は これまでに何回か書いて来た『自走式車椅子で勾配を上る時に
気を付ける点』、それと『浅い段差を乗り越える時に意識したい

前輪の向き』と言う事に ついて書いて行きたいと思います。


【24インチの大きめ自走式車椅子で日々の負担から足腰を守る↓↓】




天気の話題から入りましたが、雨の日は車椅子を漕ぐ上で大きく
影響されるので、天候の事を書きがちなのですが、笑


以前も書いた様に、雨の日は雨の日で平坦な道ならばハンドリムを
漕ぐ際に摩擦で擦れてしまう手元を水滴でコーティングされる事で

守る事が出来ます。


自走式車椅子/雨の日はコントロールが難しい反面、手元の
擦り傷も軽減できる



しかし、ここからが本題なのですが、あくまで平坦な道の場合は
そうして手元が守られるのですが、歩道の勾配や浅い段差に上

ろうとした時には雨による水滴が手元を滑らせてしまうので、
車椅子操作の弊害に なります。


雨と車椅子と移動距離


勾配の途中でツルンッ!と滑ってしまうと、そのまま後ろ向きに
傾斜を下る事に なるので大変危ないです。


なので、出来るだけ雨の日や、翌日の水溜まりが あちこちに残って
いる様な時には勾配を上ろうとしない方が、賢明だと思います。


車椅子でスロープ・勾配、段差に上るには?


手元が滑ってしまい、勾配を上りきれ無くて そのまま後ろ向きに
下って行った先に 丁度 車が通行するタイミングだった場合、

接触したら大怪我を してしまうでしょうし、例えブツからなくても
そんな不安定な状態で上ろうとするのは危険なので、避けた方が

良いと思います。


一方、晴れの日ですが、晴れの日はハンドリムをガッシリ握れるので
ハンドリムを漕ぐ際の出力も強くなります。


なので、勾配を上りきれる確率は高まるのですが、私自身数回に1回は
未だに失敗するので、手元が滑らない状況でハンドリㇺ操作が充分に

行えても 必ずしも勾配に上る、と言う事が成功する訳では ありません。



傾斜に上る際に、パッと見て 傾斜の1番角度が浅いルートを見定める
判断力が必要に なりますし、『いつも この勾配は この角度で

上っているのに、今日は勾配の上の通路に斜めに自転車が止めてあって、
その角度では上がれない。』と言う事も あります。


こう言う場合は、自転車が そこに斜めに止めてある事を嘆いても仕方が
無いので、限られた道幅の中で如何に上れる角度を一瞬で見極めるか?が

大切に なります。

自走式車椅子で最初の頃に困るのは、歩道の段差と勾配


やや右から行くのが良いのか?左からグンッ!と大きく上るのが良いのか?
その都度 状況に応じて判断する事が大切です。


しかし、こうして いつもとは異なる角度、ルートから勾配に上ろうとする時に
前輪の向きがクルッと半回転したりして、自身の進行を妨げてしまう事も

たまに あります。


まだ勾配に上る時の路面と勾配との境を埋める様に斜めに作られている勾配の
出入り口みたいな作りならば良いのですが、丁度良い段差を上ろうとした時に

少し外側から上ろうとして、前輪がクルッ、と半回転してしまうと、どんなに
ハンドリムを懸命に漕いでも上る事は出来無いので、そうした前輪の向きには

注意が必要です。


車椅子で段差を乗り越えようとした時に前輪の向きがバラバラだと段差にブツかってしまう

なので、勾配でも浅い段差でも 必ず前輪の向きが それらに対して真っ直ぐに
向いて居ないと乗り越える事は出来ません。

自走式車椅子で段差を超えようと思ったら前輪の向きを真っ直ぐに揃える事が大切

こうして前輪の向きに気を付けて、ハンドリムを力強く漕いで障害物を
乗り越えましょうね。


【ノーパンクタイヤだから移動時のタイヤの状態を気にせずに
前進出来る/24インチの自走式車椅子↓↓】


この記事へのコメント