車椅子に乗って居る時に手元で痛む箇所

前回は『車椅子に乗って居る時に手のひらで痛む箇所』と言う事に
ついて綴りましたが、今回は その続きに ついて綴って行きたいと

思います。


昨日のブログ→車椅子に乗って居る時に手のひらで
痛む箇所/擦り剥けとマメ



前回は手のひら・指先の中から3箇所の擦れてマメ・傷が出来やすい
部位に ついて書いたので、今日は手のひらから少し離れた箇所に

ついて書いて行きたいと思います。


【3万円弱の安価な自走式車椅子で日々の移動の負担を軽減する↓↓】



手のひら・指先でも利き腕と そうでない方の腕では力の入り方や、
摩擦の され方も多少異なる。


と言うのは、前回も書きましたが、やはり利き腕の方が力を込め
やすい為、擦れやすいですし、マメも出来やすい様ですね。


手のひらから少し離れた位置でも それは同様みたいです。


手のひらから少し離れた位置でマメ・擦り傷が出来やすいのは、
利き腕の親指付け根の外側です。

自走式車椅子に乗っている間に擦れてしまう親指の付け根外側

自走式車椅子で皮膚が擦れてしまうのを防ぐには


『いつも やたら擦れるな~』と思って、何日か前に車の通りが無い
タイミングで漕いでいる時の手元を観察してみたら、ハンドリムで

擦れているのでは無く、その少し奥側に位置する車椅子の後輪の
フレームで擦れている事が分かりました。


自走式車椅子/天候に左右される手元をダメージから
守るアイテム



『手元が擦れるのはハンドリムが原因』と言う事ばかりだったので
後輪のフレームで擦れているのは ちょっとビックリしました。


車椅子に乗っている時は とにかく いつも如何に身体に負担少なく
出来るだけ最短距離で早く移動できるか?と言う事ばかり頭にあり、

体力の余裕も無く、いつも必死で漕いでいたので、少し考えれば
辿り着ける簡単な答えに辿り着くのに、大分時間が掛かりました。笑


激しい足腰の痛み/車椅子を日常に取り入れて苦労する点


この位置の摩擦もゴム手袋を装着して居れば 問題なく防げるのですが、
私の場合、去年の夏の ほんの少し前に車椅子に乗り始めたので、

夏場は暑くてゴム手袋など装着できずに居たら、手の平の皮膚が厚く
なったので、夏の暑さが去り行く今の時期でもゴム手袋を装着する事を

そんなに考えて居なかったのが、ここへ来て災いした感じですね(^_^;)



親指の付け根(外側)部分が擦れても、この部分なら絆創膏を貼り易い
ですし、簡単に処置できるので、そんなに慌てる必要は無いのですが、

皮膚が痛いのが嫌な人は やはりゴム手袋の様な物を装着して乗るのが
良い対策法と なると思います。



他にも擦れる箇所と言えば、歪んだ路面を通過しようとする時や、
カーブを曲がろうとした時に片方のハンドリムを絶妙な力加減で抑えて


バランスを保ったり、強く抑えたて大きく周り込んだりする時にハンド
リムに押し充てる手首内側部分ですね。

自走式車椅子を漕いでいる時に擦れてしまう手首内側

自走式車椅子移動で手のひらの摩擦によるダメージを減らすには


この部分を使う時は長袖シャツを着て居るので、そんなに強く擦れる事は
無いのですが、歪んだ路面が続いて押し充てる頻度が高まれば、必然的に

手首への摩擦も強まってしまいます。


ハンドリムに押し充てる腕の強さは轆轤(ろくろ)の様に滑らかに強弱を
付ける事で、自由にバランス感覚を保てるので、ゴム手袋を装着したり

長袖シャツを着て日々の移動のダメージを軽減させましょうね。



【ゴム軍手100双あれば手元を毎日 摩擦から守れる↓↓】


この記事へのコメント