車椅子で響くガタガタ路面/振動の影響を受ける膝と腰

前回は足腰の痛みが強い周期に車椅子でガタガタしてるアスファルトの
上や、地面に散らばって居る小石の上を通過しようとすると


ガタガタガタガタッ!と激しい振動が生じ、タイヤから伝わる衝撃で
膝の周辺の神経が浅い衝撃を受け続け、車椅子に乗って居る間中、


微弱な振動により、神経が刺激され続けるので、こうした事態を避ける為
には、パッと瞬時に路面の状況を見極める事が大事だと言う事を

綴りましたが、しかしながら そうして路面の状況を見極めたところで、
別の路地を選択するか否か?と言う点が悩みどころでも あります。



前回のブログ→日常的に車椅子に乗る上で大変な点/凸凹路面の振動


自宅周辺の路面環境が足腰のダメージに影響する/歩行・車椅子



【自走式車椅子を日常生活の中に取り入れて足腰への負担を
軽減する↓↓】






たまたま選択した路地が 歪みが目に見えて激しい場所だったとしても、
少し前に書いた様に、自走式車椅子は 一漕ぎにつき、大体10㎝~20㎝

位しか勧めません。



つまり、路面の歪みや 小石の散らばり具合が激しいからと言って、別の
コースを選択して そこまで行く余裕など無い場合が殆どです。


激しい腰痛時に乗る車椅子/振動


そこまで行くのに肩関節や肘関節に余計な負担が掛かるし、かと言って
歪みが目に見えて激しい路面や小石が散乱しているところを通る、

と言うのも なかなか覚悟が必要になります。


厳しい2択が目の前に現れた時に、全く別の3択目を考える事が出来れば
良いのですが、しかしながら自走式車椅子の場合は 体力の消耗が非常に

激しくて 肘関節や肩関節が痛んでいて、もう1つの選択肢を考える余裕は
ありません。


車椅子に乗る時に、どうしても痛みを感じる肩と肘


少しでも早く目的地に辿り着く、あるいは帰宅する為に私の場合は、小石
部分を ゆっくりゆっくりと通過し、ダメージを最小限に抑えつつ、

路面の歪みに対しては『最後の力!』と ばかりに、左肩に負荷が多く
掛かろうが右に大きく負担が乗ろうが、力を振り絞って兎に角、


その難関を突破します。



『急がば回れ』と言いますけれど、余裕が無い時には余計な策を弄するよりも
出来るだけダメージが少なく済むように、注意しながら正面突破した方が

速い場合も あると思います。


問題は、そうやって注意しながら最短距離でダメージを最小限に留めたと
思っても、ガタガタ路面や歪みによる膝や肩・肘に被ってしまうダメージは

防げません。


ダメージを負った後に大事なのは、如何に適切なケアを施すか?です。


マッサージチェアやリクライニングソファーで足腰を楽にする



慢性的に肘が痛むのであれば、肘関節サポーターを装着しつつ、そして
家に辿り着いたならば、軽くストレッチをしたり 前回書いた様に

消炎剤を塗ったりして、後は安静に過ごすと良いです。


傷んだ部位を休める事が何よりも大切な処置と なります。



【消炎剤を塗る事で痛む患部・筋肉の炎症を抑える↓↓】

この記事へのコメント